マレーシアの生産性、昨年は2%上昇 途上国下回る水準=生産性公社

エマージング・マーケット 東南アジア

〈クアラルンプール〉
マレーシア生産性公社(MPC)は6月4日、2012~2013年度版の「プロダクティビティ・リポート」を発表。2012年のマレーシアの生産レベルは1件の雇用に対して5万8,875リンギ(約190万円)となり、前年から2%上昇した。

マレーシアの生産性の上昇率は、日本(0.5%)、韓国(0.8%)、米国(0.5%)、シンガポール(0.03%)などの先進国に比べ高かったが、中国(7.4%)、タイ(4.9%)、インドネシア(4.2%)、インド(3.7%)などの発展途上国と比較しては低い成長となった。

生産性レベルは、政府改革プログラム(GTP)や経済改革プログラム(ETP)の後押しにより成長した。最も上昇したのは、建設業で前年比で15.5%となった。それに、製造業(同4.5%)、サービス業(同1.8%)が続いた。

生産性レベル成長の重要素とされている資本集約度と労働力の質は昨年、それぞれ1.7%、3.6%成長した。労働力の質は第3期教育を修了した雇用者の割合を出したもので、昨年は25.6%となった。日本、韓国、米国などは40%を超えており、他国に比べまだ低水準であることがわかった。

マレーシアの生産性、昨年は2%上昇 途上国下回る水準=生産性公社[ニュース|AsiaX News]

《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品