英国のスポーツカーメーカー、TVR…公式サイトで謎の予告

自動車 ビジネス 企業動向

英国でスポーツカーを少量生産してきた名門バックヤードビルダー、TVR。現在、事実上の休止状態にあるTVRが、謎の予告を行っている。

これは、TVRの公式サイトで明らかにされたもの。現在、TVRの公式サイトは、車などの情報を一切掲載していない。そんな中、「NEVER SAY NEVER…」という文字だけが突然、記されたのだ。

この「NEVER SAY NEVER…」が意味するところは、全く不明。かつての名門が、今の休止状態では終わらないことを宣言したものなのか、様々な憶測を呼んでいる。

TVRは1947 年、トレバー・ウィルキンソン氏が英国ブラックプールに設立。高性能なスポーツカーを少量生産する手法で成長した。1981年にはピーター・ウィラー氏が買収。1992年に発表した『キミーラ』が成功を収め、同社で最も売れたスポーツカーとなった。

ところが2004年、ロシアの若手富豪、ニコライ・スモレンスキー氏がTVRを買収。自社生産へのこだわりを捨て効率化追求に走ったところ、逆に会社は経営難に陥り、2006年12月、経営破綻に至った。

2011年秋、新生TVRは新たな公式サイトを立ち上げ。TVRのロゴもリニューアルした。しかし、その後、具体的なスポーツカーの生産・販売計画は発表されていない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集