【三菱 eK 新型発売】服部常務、業販店と関係再構築

自動車 ビジネス 国内マーケット

三菱 新型eK 発表会、服部常務は一番左
  • 三菱 新型eK 発表会、服部常務は一番左
  • 三菱 eK 発表会
  • 三菱 新型eK 発表会
  • 三菱 ekワゴン
  • 三菱 新型eK 発表会
三菱自動車工業の国内営業部門を担当する服部俊彦常務執行役員は、軽自動車の販売強化策の一環として、地域の整備工場などによる「業販店」を再戦力化していく方針を示した。

服部常務は、「軽自動車のモデル末期もあって、国内販売は非常に低迷してきたが、eKシリーズの投入をテコに復活を図りたい」と強調。そのなかで、軽の販売では大きな販売ルートとなる業販店との「関係再構築」を進めたいと述べた。

服部常務によると、現在、同社と取引関係にある業販店は「約5000店で、かつてに比べると大幅に減少している」という。今後は、仕切り価格の見直し等も含め、「販売増につながる施策を講じながら、早急に業販店との関係を密にしたい」との方針を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集