【BMW 3シリーズGT 発売】低くスポーティに見せるスタイリングの妙

自動車 ニューモデル 新型車

BMW・3シリーズGT
  • BMW・3シリーズGT
  • BMW・3シリーズGT
  • BMW・3シリーズGT
  • BMW・3シリーズGT
  • BMW・3シリーズGT
  • BMW・3シリーズGT
BMW『3シリーズGT』のエクステリアデザインで最も難しかったのは、SUVのBMW『X1』と同じくらい高い着座位置のクルマをいかに低くスポーティに見せるかにあった。

3シリーズGTのサイドには、ジッカラインと呼ばれるBMWセダン系に共通するプレスラインがフロントからリアへ流れている。ドイツ語でジッカとは溝のことを指し、「ジッカラインに光が当たると、その下に影が出来、溝のように見えることからそう呼ばれています。造形的な意味では、ボディサイドの広い面積を平面に見せないことで、ボディの軽さやクルマを長く見せるという視覚的な役目があるのです」と述べるのは、BMW AG BMWエクステリア・クリエイティブ・ディレクターの永島譲二氏。ボディサイド下側に入っているラインも同様に、軽さ、動感を強調するためだとし、これらのラインにより、実際の全高よりも低く感じさせる視覚的効果を狙っているとした。

ルーフラインは、ファーストバッククーペのような流線型を描いており、「前から後ろまで目を動かしていったときに、どこにも引っかからずに流れるようなラインが一番のテーマです」。一例として「フロントからAピラーにつながるラインは、ウインドシールド下でノッチにならずに、スロープで流れるようになっています。目が止まらないように、連続的な曲面に見えるようにデザインされているのです」と述べる。

3シリーズセダンと同様に、フロントホイールアーチ上部には影が出来るフィーチャーがあるが、3シリーズGTのみ、この影の部分がボディの後端まで連続している。「これも、ボディを薄く、軽く見せ、長さを強調するという考えと同時に、ボディの曲面をさらに強調するという視覚的な役目もあるのです」と、多くのデザインテクニックにより低くスポーティに見せていることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集