【日産 デイズ 発売】軽初アラウンドビューモニターは日産だけの設定

自動車 ニューモデル 新型車

日産 DAYZ アラウンドビューモニター
  • 日産 DAYZ アラウンドビューモニター
  • 日産 DAYZ アラウンドビューモニター
  • 日産自動車 益田昌明チーフ・プロダクト・スペシャリスト
  • 日産 DAYZ アラウンドビューモニター
  • 日産 DAYZ アラウンドビューモニター
  • 日産 DAYZ アラウンドビューモニター
日産自動車が6月6日に発売した新型軽乗用車『デイズ(DAYZ)』は、姉妹車である三菱自動車『eK ワゴン』とフロントマスクだけではなくアラウンドビューモニターを採用していることも大きな違いとなっている。

デイズの商品企画責任者を務める益田昌明チーフ・プロダクト・スペシャリストは「アラウンドビューモニターだけが意図したわけではないが日産だけのものになっていて、三菱は普通のリアビューモニターになっている」と明かす。

その背景を益田氏は「日産が意地悪したということでは全然なく、三菱の思いとしてはそれにお金をかけるよりも、本革のステアリングとか、そちらにかけたいと、優先度の関係で彼らはアラウンドビューモニターの採用見合わせたのではないかなと思う」と解説する。

軽初採用となるアラウンドビューモニターは「ルームミラーディスプレイ対応だが、ディーラーオプションのナビに表示させることもできる」とした上で、「このルームミラーは防眩式となっていて、軽のハイトワゴンの中では唯一の設定」とも強調した。

アラウンドビューモニターはX、ハイウェイスターG、ハイウェイスターGターボに標準装備され、ハイウェイスターXはメーカーオプションとなっている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集