ジンエアー ソウル-長崎に定期便就航 7月24日から

航空 企業動向

ジンエアー WEBサイト
  • ジンエアー WEBサイト
大韓航空100%出資のLCC(格安航空会社)であるジンエアーは6月5日、7月24日からソウル(仁川)-長崎空港間で定期便を就航させると発表した。

ソウル(仁川)-札幌(新千歳)、ソウル(仁川)-沖縄(那覇)線に続く、日本線3例目の定期便で、運航回数は週3便(水、金、日)を予定し、ソウル-長崎相互の観光振興に貢献したいとしている。使用機材はボーイング737-800型機(約183席)。

ジンエアーの日本での営業は、総販売代理店体制で、国際興業ホールディングスが担当する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集