エアバス、350XWB初飛行の乗組員6人を発表

航空 企業動向

エアバス350XWB初飛行の乗組員を発表
  • エアバス350XWB初飛行の乗組員を発表
エアバスは、A350XWBを初飛行するMSN1の乗務員を発表した。

初飛行の乗務員は6人で、テストパイロットが2人、フライトエンジニアが1人、飛行テストエンジニアが3人。

初飛行の際には、2人のテストパイロットとフライトエンジニア1人がコックピットに乗り込む。

ピーター・チャンドラー氏は、エアバスで2000年からテストパイロットを務めており、2011年からはテストパイロットのチーフ。

ガイ・マーグリン氏は2003年から実験飛行テストのパイロットを務めており、A350XWBのプロジェクト・パイロットでもある。

パスカル・バーノゥ氏は、1999年からエアバスののフライトテスト部門で様々な経験を持ち、A350XWBプロジェクトのフライトエンジニアを務める。

A350XWBプロジェクトのパイロットは、コックピットの運用、システム設計と統合に携わってきた。

3人の飛行テストエンジニアは、フライトプロファイルの進捗状況を管理する。

フェルナンド・アロンソ氏は、1982年からエアバスの飛行テストエンジニアで、2007年からフライト&統合テストセンター長を務める。

パトリック・ドゥ・チェイ氏は、2001年からエアバスの飛行テストエンジニアで、2012年から開発飛行試験のトップ。

エマヌエーレ・コンスタンゾ氏は、2004年からエアバスの飛行テストエンジニアとトレントXWBエンジンの飛行テストエンジニアのリーダーとなっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品