ボーイング、最初の787-9ドリームライナーの最終組み立てを開始

航空 企業動向

787-9ドリームライナーの最終組み立て
  • 787-9ドリームライナーの最終組み立て
  • 787-9ドリームライナーの最終組み立て
ボーイングは6月2日、同社の最初となる787-9ドリームライナーの最終組み立てを開始することを発表した。

787系列の最新のメンバーは、5月30日にボーイングがジェット機の大きなセクションを繋ぎ始めた時、その形を現し始めた。

「全ての787-9チームは、顧客への献身を満たす為にスタートから任務の遂行に絶え間なく集中してきた。787-9の我々の生産システムへの統合を時間通りに実施できたことは、これからの仕事に対して我々が良く準備できていて良いポジションにいることの明らかな印である」とボーイング商用航空機、787飛行機開発の副社長であるマーク・ジェンクス氏は語った。

ボーイングのグローバルパートナーは、最初の787-9の部分を最終組み立て工場に予定よりも早く納入し、その後航空機の他のフライトテストの為の大きな組み立て作業と共に、力強い進行を続けた。

「パートナーの献身と品質、能力が我々の統制されたパフォーマンスの実行の手助けとなった」とジェンクス氏は付け加えた。

ボーイングは787プログラムを通しての生産の強化を続ける間に、787-9を生産システムのスムーズな統合を行う為に、最初の3機の787-9をエベレットにある一時的急造ラインで製造することとなる。

787-9は787系列を拡大及び補足し、航空会社に787-8によって開かれたルートを成長させる機能を提供する。胴体部分を20フィート(6メートル)ことによって、787-9はさらに40人の乗客を運び、300海里(555キロメートル)の航続距離を延長すると同時に、同じサイズの飛行機に比べ20パーセント少ない燃料を消費する。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集