智頭急行、ハートマークで恋山形駅を装飾…6月9日に除幕式

鉄道 エンタメ・イベント

恋山形駅の駅名標。ハート型の形状に変更する。
  • 恋山形駅の駅名標。ハート型の形状に変更する。
  • 1番線ホームにはハートのモニュメントと絵馬掛けを設置する。
  • 待合室などの設備は全てピンク色に塗装し、ハートなどのラッピングを施す。
  • 待合室などの設備は全てピンク色に塗装し、ハートなどのラッピングを施す。
山陽本線上郡駅(兵庫県上郡町)と因美線智頭駅(鳥取県智頭町)を短絡する智頭線56.1kmを運営している第三セクター鉄道の智頭急行は6月3日、恋山形駅(智頭町大内)の装飾を「改良」すると発表した。駅全体をハートマークで装飾する。

恋山形駅は1994年12月3日、智頭線の開業と同時に設置された。同線の建設工事が行われていた時点の名称は「因幡山形」だったが、「恋募って」「ここに来い」の願いを込め、開業時の駅名に「恋」を入れた。

「恋」の付く駅名はひじょうに珍しく、国内では恋山形駅のほかJR北海道室蘭本線の母恋駅、三陸鉄道南リアス線の恋し浜駅、西武鉄道国分寺線の恋ヶ窪駅の4カ所しかない。2012年5月には「恋」が付く駅を持つ4社が連携した地域活性化プロジェクト「恋駅プロジェクト」が立ち上がり、4社共同で「恋駅」の記念切符を発売するなどの企画を実施している。

発表によると、駅名標の形状をハート型に変更するほか、1番線ホームにハートのモニュメントと絵馬掛けを設置する。また、待合室などの設備を全てピンク色に塗装し、ハートなどのラッピングを施す。

除幕式は6月9日の10時40分から開催する予定。当日は記念グッズの販売なども行う。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集