京王、開業100周年を機に「れーるランド」リニューアル…10月オープン

鉄道 企業動向

屋外車両展示場のイメージ。2400形や3000系など5両が展示される。
  • 屋外車両展示場のイメージ。2400形や3000系など5両が展示される。
  • リニューアル後の京王れーるランドのイメージ。
  • 屋内1階の大型運転体験シミュレーター。廃車となった本物の鉄道車両のカットボディと乗務員訓練用のシミュレーションソフトを使用する。
  • 屋内施設の1階に設置される鉄道模型レイアウトのイメージ。
  • 屋内2階の「アスれーるチック」。京王社員の発案により、鉄道設備をイメージしたアスレチック施設が設けられる。
京王電鉄は5月30日、動物園線の多摩動物公園駅(東京都日野市)に併設している博物館「京王れーるランド」をリニューアルすると発表した。京王の電車・バス開業100周年記念施策の一環として、家族連れを中心に楽しめる施設にする。

1階は「鉄道の仕組みを学び・触って・体験できるフロア」とし、6000系6772号車のカットボディと150インチ大画面、乗務員訓練用シミュレーションソフトを使った大型運転体験シミュレーターを設置する。また、京王沿線の街並みを再現したHOゲージ(縮尺80分の1)のレイアウトなども設置する。

「お子様が安心して遊べるキッズフロア」の2階には、鉄道会社の博物館としては日本最大級の面積となるプラレールコーナーと、鉄道設備をイメージしたアスレチックコーナーなどを設ける。

屋外には車両展示場を設置し、保存車の2400形、2010系、5000系、3000系、6000系の5両を並べて展示する。展示車両の外周では9000系のミニ電車を運行する。

リニューアルオープンは10月の予定。現在の入場料は無料だが、リニューアル後は3歳以上250円とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集