マン島TTレースに参戦中のライダー、松下ヨシナリが事故死

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2013年3月に行われたTTレース参戦記者会見での松下ヨシナリ選手
  • 2013年3月に行われたTTレース参戦記者会見での松下ヨシナリ選手
  • 2013年3月に行われたTTレース参戦記者会見での松下ヨシナリ選手(左)とチーム代表岸本吉広MIRAI社長(右)
  • 松下ヨシナリ選手
  • 松下ヨシナリ選手
  • TT零13
  • TT零13
  • TT零13
  • TT零13
初音ミク仕様の電動レーサーバイク『TT零13』でマン島TTレースに参戦していたライダーでジャーナリストの松下ヨシナリ氏が予選走行中に転倒、事故死した。享年43。

「TT零13」は、5月31日~6月8日にかけて開催される世界最古の二輪車レース「マン島TT」のゼロエミッションカテゴリー「TT Zero Challenge」に参戦中だった。

TT零13はフレームに『トライアンフ 675R』を採用しているが、エンジンの代わりにAGNI社製直流ブラシモーターを搭載し、このバイクのために専用設計・制作されたカーボン製外装パーツを装着したワンオフマシン。ただし、今回の事故はTT零13ではなく、600CCクラスのライディング中で、マン島北部のBallacryeという場所でのアクシデントだったという。

マン島TTレース主催事務局長のゲイリー・トンプソンは、「ヨシはTTレースのパドックでも参戦ライダーの人気を最も集めていた1人だった。彼は誰に対してもフレンドリーで誠実な人柄だった。彼を失い、とても悲嘆に暮れている」とコメントを残している。

なお、TT零13でエントリーしているEV MIRAIレーシングでは、レース本戦については「今後関係者とともに協議する」との声明を発表している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集