ルノー、エスパス/ラグナ/セニック後継車を生産へ…2014年から

自動車 ビジネス 企業動向
ルノー セニックの現行モデル
  • ルノー セニックの現行モデル
フランスの自動車大手、ルノーは5月22日、『エスパス』、『ラグナ』、『セニック』の後継車を、2014年からフランスで生産すると発表した。

これら3車の後継車計画は、フランスのドゥエーにあるジョルジュバス工場の改修プランの発表に合わせて行われたもの。ルノーは同工場に4億2000万ユーロ(約560億円)を投資。工場の設備を刷新し、新型車の生産に備える。

ルノーの発表によると、ジョルジュバス工場には2014年から、5種類の車種をひとつのラインで組み立てられるフレキシブルなラインを導入。高い生産クオリティも実現する工場にするという。

この5車種とは、エスパス、ラグナのハッチバックとワゴン、セニックの標準ボディとロングボディを指す。すでにジョルジュバス工場では、改修工場に着手。

ルノーグループのThierry Bollore上級副社長は、「工場改修の目的は、新セグメントへの参入。それはエグゼクティブな車だ」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー13】ルノー セニック  表情一新[詳細画像] 画像 【ジュネーブモーターショー13】ルノー セニック 表情一新[詳細画像]
  • 【パリモーターショー10】ルノー ラグナ が進化…顔が変わった 画像 【パリモーターショー10】ルノー ラグナ が進化…顔が変わった
  • 【ジュネーブモーターショー13】ルノー セニック に XMOD…クロスオーバー派生 画像 【ジュネーブモーターショー13】ルノー セニック に XMOD…クロスオーバー派生
  • 【パリ・ショー2002出品車】新型ルノー『エスパス』、45万台計画 画像 【パリ・ショー2002出品車】新型ルノー『エスパス』、45万台計画

特集