新日本無線、車載アクセサリなどに適したMOSFET内蔵降圧スイッチングレギュレータの生産開始

自動車 ビジネス 企業動向
新日本無線(webサイト)
  • 新日本無線(webサイト)
新日本無線は、インバータ、プログラマブルコントローラなどの産業機器用電源や車載アクセサリなどに最適な、600mA・500kHz小型パッケージ降圧スイッチングレギュレータ「NJW1933」を開発、生産を開始したと発表した。

NJW1933は入力電圧範囲が4.5Vから40Vと広く、MOSFETを内蔵した降圧用スイッチングレギュレータ。カレントモード制御方式を採用した位相補償回路を内蔵し、最小限の外付け部品で降圧アプリケーションを実現する。

さらに動作周波数が高いため、小型のインダクタが使用できるほか、位相補償回路の最適化によりセラミックコンデンサにも使用できる。

また、小型のSOT-23-6パッケージ搭載に加え、小型のインダクタやセラミックコンデンサが使用できるため、実装面積の削減が可能。これにより、多様な電源の小型化に適した製品となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集