札幌市電の新型低床車「A1200形」、5月上旬から運行開始

鉄道 企業動向
札幌市電A1200形の外観。
  • 札幌市電A1200形の外観。
  • 札幌市電A1200形の車内。
札幌市は3月13日、札幌市電に新型低床車両1両を導入すると発表した。2012年4月に策定した「札幌市路面電車活用計画」の一環で、5月上旬の運行開始を目指す。

新型低床車両の形式は「A1200形」で、全長約17mの3車体連接、2台車の電車。定員は従来車の8500形(単車、2台車)より9人増えて71人となる。出入口部の床面高さは8500形より500mm低い350mmで、乗降時の段差がなくなる。また、札幌市電の車両としては初めて冷房装置を搭載する。

A1200形は3月18日に札幌市電の電車事業所に搬入され、3月28日までメーカーによる確認試験を行った後、札幌市に引き渡される予定。その後は報道公開や試運転を行い、5月上旬からの運行開始を目指す。札幌市は、現在申請中の市電環状線化(2015年春開業予定)までに、新型低床車両を3両導入するとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 運輸審議会、札幌市電の環状線化計画を軽微事案に認定 画像 運輸審議会、札幌市電の環状線化計画を軽微事案に認定
  • JR東日本、札幌市の地下鉄・路面電車・バスでSuicaの利用が可能に…6月22日から 画像 JR東日本、札幌市の地下鉄・路面電車・バスでSuicaの利用が可能に…6月22日から
  • 初音ミク仕様の路面電車---車体は雪ミク、アナウンスは藤田咲 画像 初音ミク仕様の路面電車---車体は雪ミク、アナウンスは藤田咲
  • 札幌市営地下鉄、車両とホーム間に転落防止ゴムを設置 画像 札幌市営地下鉄、車両とホーム間に転落防止ゴムを設置

特集