JR貨物、コンテナ輸送が0.7%増、紙・パルプ、エコ関連物資が震災復興需要で好調…2月

鉄道 企業動向
JR東日本 東北線 JR貨物EH500形電気機関車(右)
  • JR東日本 東北線 JR貨物EH500形電気機関車(右)
  • JR貨物 隅田川駅
JR貨物が発表した2月の輸送動向によるとコンテナ貨物は前年同月比0.7%増の160万5000トンと微増だった。

自動車部品、化学薬品が前年を下回ったものの、紙・パルプ、エコ関連物資などが前年を上回り、コンテナ貨物全体はプラスとなった。

自動車部品は、国内新車需要の減少により同14.8%の減送となった。化学薬品は一部顧客の輸送中止などで同6.5%減となった。

一方で、紙・パルプは震災により被災した生産拠点の復旧、エコ関連物資は災害廃棄物の広域処理の進展により、それぞれ増送となった。

車扱貨物は同19.5%減の90万9000トンと大幅に落ち込んだ。一部区間での輸送終了に伴い減送となった石油を始め、すべての品目で前年を大きく下回った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JR貨物、生産低迷の影響でコンテナ貨物・車扱貨物ともマイナス…1月 画像 JR貨物、生産低迷の影響でコンテナ貨物・車扱貨物ともマイナス…1月
  • JR貨物、隅田川駅の鉄道貨物輸送力増強事業が竣工 画像 JR貨物、隅田川駅の鉄道貨物輸送力増強事業が竣工
  • 日本通運、コンテナ取扱い実績、自動車関連など低調で4.2%減…1月 画像 日本通運、コンテナ取扱い実績、自動車関連など低調で4.2%減…1月
  • 【東京モーターサイクルショー13】トライアンフ、ストリートトリプル85 ABS などを出展 画像 【東京モーターサイクルショー13】トライアンフ、ストリートトリプル85 ABS などを出展

特集

おすすめのニュース