上信電鉄、上州富岡駅新築工事に伴い仮駅舎に移転へ

鉄道 企業動向
上州富岡駅の現在の構内配置図。仮駅舎は下仁田方に設置される。
  • 上州富岡駅の現在の構内配置図。仮駅舎は下仁田方に設置される。
  • 仮駅舎設置後の構内配置図。仮駅舎の近くには臨時の駐輪場も設けられる。
上信電鉄は上信線上州富岡駅の新築工事に伴い、仮駅舎に移転すると発表した。工事期間は3月11日から9月30日までを予定している。

上信電鉄は、群馬県高崎市の高崎駅と下仁田町の下仁田町を結ぶ全長33.7kmの上信線を運営。富岡市内にある上州富岡駅は1897年に開業し、現在の駅舎は1970年に完成したが、このほど建て替えられることになった。

現在の駅舎は高崎方の南側に設けられているが、仮駅舎は下仁田方の南側に設置。近くには臨時駐輪場も設けられる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 上信電鉄、創業117周年記念切符発売 画像 上信電鉄、創業117周年記念切符発売
  • 上信電鉄、上州富岡駅お別れ記念入場券セット発売 画像 上信電鉄、上州富岡駅お別れ記念入場券セット発売
  • 西鉄、大牟田線連続立体交差に伴って下大利駅を仮駅に移転 画像 西鉄、大牟田線連続立体交差に伴って下大利駅を仮駅に移転
  • 箱根ロープウェイ、大涌谷駅舎大規模リニューアル…4月24日から供用開始 画像 箱根ロープウェイ、大涌谷駅舎大規模リニューアル…4月24日から供用開始
  • 門司港駅の築100年駅舎、保存修理工事へ…2018年完成予定 画像 門司港駅の築100年駅舎、保存修理工事へ…2018年完成予定

特集