ピーチ、LCC満足度NO.1に…今後のLCC利用意向は96%

航空 企業動向
LCC満足度No.1となったピーチ・アビエーション
  • LCC満足度No.1となったピーチ・アビエーション
  • ピーチ、LCC満足度NO.1に…今後のLCC利用意向は96%
  • ピーチ、LCC満足度NO.1に…今後のLCC利用意向は96%
  • ピーチ、LCC満足度NO.1に…今後のLCC利用意向は96%
  • ピーチ、LCC満足度NO.1に…今後のLCC利用意向は96%
  • ピーチ、LCC満足度NO.1に…今後のLCC利用意向は96%
リクルートライフスタイルは7日、国内線のLCC(格安航空会社)利用実態調査の結果を発表。LCC各社の評価は「ピーチ・アビエーション」が満足度9割でトップ。「ピーチ」は認知率も76%と高く、LCC3社の中では一歩抜きんでた評価を得ている。

同調査は、今年1月にインターネット調査したもので、直近1年間の国内線飛行機利用者のうち、LCC利用者は7%で、男女とも20代では1割を超えた。地域別では最初の就航エリアである関西や九州・沖縄居住者の割合が高い。

満足度では、2位の「ジェットスター・ジャパン」、最下位の「エアアジア・ジャパン」も7割を超えており、全体的に満足度は高い。

利用者の今後のLCC利用意向は96%に達し、非利用者でも6割を超える。とくに男性20代の利用意向は9割以上で、今後就航が予定される東北エリアで高い傾向にある。

また、今まで飛行機を利用したことがなかったが、LCCをきっかけに初めて利用した人が16%、飛行機利用回数が増えたとする人も54%あり、LCCには旅行意欲の促進効果もあることがわかった。

LCC利用で「浮いたお金」は、「現地滞在の買い物や食事などで少し贅沢した」が41%であるなど、7割が旅行市場で消費が増加したと推測している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • スカイマークが関空発着便から撤退、LCCに敗れる 画像 スカイマークが関空発着便から撤退、LCCに敗れる
  • ピーチ、仙台に進出、国際線は釜山線も開設 画像 ピーチ、仙台に進出、国際線は釜山線も開設
  • LCC利用者意識調査、最も認知度が高いのはピーチ 画像 LCC利用者意識調査、最も認知度が高いのはピーチ
  • LCC3社、利用率トップはジェットスター…フォートラベル調べ 画像 LCC3社、利用率トップはジェットスター…フォートラベル調べ
  • スカイマーク4-12月期決算、LCCとの運賃競争激化で大幅減益 画像 スカイマーク4-12月期決算、LCCとの運賃競争激化で大幅減益

特集