軽二輪車新車販売台数、11カ月連続プラス、カワサキがシェア2位に…2月

自動車 ニューモデル 新型車
全国軽自動車協会連合会が発表した2月の軽二輪車新車販売台数は、前年同月比68.6%増の3932台と大幅に増加した。11カ月連続プラスとなった。

ブランド別では、ホンダが同86.6%増の1500台、シェアが38.1%となった。シェア2位はカワサキで、同206.5%増の947台となった。シェアは24.1%だった。

ヤマハ発動機は同9.3%減の534台と前年割れとなり、シェア3位に転落した。スズキは同80.5%増の621台と大幅プラスとなったものの、シェアは15.8%で、4位となった。

その他は同15.4%増の330台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 軽二輪車の中古車販売台数、3カ月ぶりにプラス…1月 画像 軽二輪車の中古車販売台数、3カ月ぶりにプラス…1月
  • 軽二輪車新車販売台数、10か月連続プラス…1月 画像 軽二輪車新車販売台数、10か月連続プラス…1月

特集