南海電鉄、堺駅前パーク&ライドで割引料金を設定

鉄道 企業動向
堺駅前「プラットプラット」でパーク&ライド
  • 堺駅前「プラットプラット」でパーク&ライド
南海電鉄は、堺駅前の商業施設「プラットプラット」(堺市堺区)で実施しているパーク&ライド・サービスで堺駅を発着する定期乗車券保有者が同駐車場を定期利用する場合、割引価格で利用できる新たな料金設定を導入した。

同社では、プラットプラットで、交通ICカード「PiTaPa」に対応したパーク&ライド・サービスを実施している。特急停車駅である堺駅での通勤需要に対応し、利用者の利便性向上とPiTaPa利用の促進を図ることを目的に、昨年10月から実施している。南海電車を利用したPiTaPaで「プラットプラット」駐車場を利用すると、駐車料金から100円を割引している。

通常の平日定期は月額1万6800円だが、新たに実施する定期利用サービス「パーク&ライド平日定期」の利用料金は月額1万0500円。土日祝祭日を除く平日に駐車できる。平日なら夜間(24時~翌朝7時)の留め置きも可能。

「パーク&ライド平日昼間定期」は月額8400円で、土日祝祭日を除く平日の営業時間内に駐車できる。夜間(24時~翌朝7時)に留め置いた場合は別途500円が必要。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 南海電鉄、和歌山大学と地域活性化連携の協定書を締結 画像 南海電鉄、和歌山大学と地域活性化連携の協定書を締結
  • 西鉄など、「イオン徳力店」でパーク&ライドサービスを開始 画像 西鉄など、「イオン徳力店」でパーク&ライドサービスを開始
  • 南海電鉄、デリステーション&カフェなんばCITY店オープン 画像 南海電鉄、デリステーション&カフェなんばCITY店オープン
  • 南海電鉄、池田泉州銀行と生体認証機能付きキャッシュカード発行で合意 画像 南海電鉄、池田泉州銀行と生体認証機能付きキャッシュカード発行で合意

特集

おすすめのニュース