松山市でサイクル&バスライドの社会実験を実施、バス停に無料駐輪場

自動車 ニューモデル モビリティ

国土交通省松山河川国道事務所は、国道196号の伊予鉄道バス停付近2カ所に無料の自転車駐輪場を設置し、バス利用の環境を整え、マイカーから自転車とバスへの交通手段の転換を図る社会実験を実施する。

社会実験は、同事務所と松谷市、伊予鉄道とともに、2月1日~2月28日まで実施する。平田町バス停(上下・横断歩道橋下)に約20台分、潮見保育園前バス停(上り・横断歩道橋下)に約5台分の無料自転車駐輪場を設置する。

国道196号を含む松山市北部地域の「渋滞対策」として、バス停に無料の駐輪場を設置することで、サイクル&バスライドによる公共交通の利用を促進、マイカー利用を削減する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集