【ナノテク13】開幕、海外から過去最多の235社が出展

自動車 ビジネス 国内マーケット

「ナノテク13(第12回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」が1月30日、東京・有明のビッグサイトで開幕した。テーマは前回に続き「“ライフ&グリーン ナノテクノロジー”10のマイナス9乗イノベーション」で、国内外から571社・団体が出展した。

ナノテクノロジーといえば、いまや情報通信を中心とした電子部材から、医療、バイオなどのライフサイエンス関連、環境・エネルギー分野、そして自動車分野と適用領域が拡大している。また、原料・素材から処理・加工、計測・分析技術、端末応用製品と、業種を越える格好で裾野も広がっている。それだけに同展にはさまざまな製品や技術が展示されていた。

特に今回目立ったのが海外からの出展である。235社と過去最多を記録した。米国、ドイツ、中国、韓国はもちろんのこと、ほかの展示会では見ることが少ないチェコやロシアなどからも企業が出展、自慢のナノテク技術を紹介していた。

「チェコといえば、ビールのイメージが強いですが、繊維関連の技術は世界的にも進んでいるんです。量産型ナノファイバー製造装置のパイオニア的な企業もあるほどなんです」とチェコの企業に勤める日本人。また、別の会社のチェコ人は「うちは銀のナノ粒子を利用した多機能性織布をつくっています。これは、UVカット機能や温度調節機能、防湿性効果、抗真菌性、抗臭性を兼ね備えた繊維で、特に医療分野では高い評価を受けています。これから日本で販路を開拓していこうと考えています」と話し、自社製の抗菌マスクをプレゼントしてくれた。

ナノテクノロジーに関しては、日本企業ばかりでなく、世界中の企業がこれからの有望な産業と考え、鵜の目鷹の目でビジネスチャンスを狙っている。日本企業もうかうかしていられないようだ。

なお同展は2月1日まで開催され、主催はナノテク実行委員会。3日間で6万人の来場者を見込んでいる。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集