JR四国、環境保全への取り組み2012…省エネ車導入割合が74.8%

鉄道 企業動向

JR四国は、同社の環境保全への取り組みをとりまとめた「JR四国環境保全への取り組み2012」を公表した。

同社の「自主行動計画」では、京都議定書の目標に合わせて基準年を1990年度、目標年度を2010年度として3項目の目標を設定した。列車編成の効率化や、1500型気動車車両の導入などにより、2009年度までにすべての目標を達成したが、2010年度以降も3つの目標に沿って省エネルギー化を加速している。

「省エネルギー車両の導入割合を72.0%にする」目標では2010年度の74.1%が、2011年3月から鳴門線で1500型気動車で運転開始するなどして2011年度は74.8%とし、0.7ポイントアップした。

「車両走行キロ当たりのエネルギー消費量を1990年度比で18.5%削減する」という目標に対しては2010年度の19.3%減から、2011年度は21.8%削減に。

「列車走行キロ当たりのエネルギー消費量を1990年度比で17.5%削減する」目標に対しては2010年度の22.3%減から2011年度には26.0%削減を達成した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集