【AMAスーパークロス 第4戦】ディフェンディングチャンプのビロポト、余裕の勝利…450SXクラス

モーターサイクル エンタメ・イベント

Overstock.com コロシアム
  • Overstock.com コロシアム
  • ライアン・ビロポト
  • ライアン・ダンジー
  • デビ・ミルサップス
  • トレイ・カナード
  • ジェームス・スチュアート
  • ライアン・ビロポト
  • ジョシュア・グラント
1月26日にオークランドで行われたAMAスーパークロス第4戦の450SXクラス決勝で、モンスターエナジー・カワサキのライアン・ビロポトが、第3戦に続く2連勝を飾った。

ヒートレースをトップで通過したビロポトは、決勝でもこれまで苦しんできたスタートで勢いよく飛び出してホールショットを奪い、ビロポトの後にはJGRMX/トヨタ/ヤマハのジャスティン・ブレイトン、ロックスター・エナジー・レーシングのデビ・ミルサップスが2番手、3番手と続いた。

そしてその直後の第2ターンで、チャド・リードが引き起こした大クラッシュに、ヨシムラ・スズキのジェームス・スチュアートとチーム・ホンダ/マッスル・ミルクのジャスティン・バルシアが巻き込まれ、リタイアを余儀なくされた。

第3ラップですでにビロポトは2番手を走っていたブレイトンを交わしたミルサップスに7秒の差をつけ、そのまま快走を続けてトップでゴールし、ミルサップスが2位でゴールした。また、第11ラップでレッドブル・KTMのライアン・ダンジーがブレイトンを抜き去って3位でフィニッシュした。

「ポイントレースこそ僕達が追いかけているもので、ホールショットを勝ち取ったことは大きなアドバンテージになった。」「僕達は今日、幾つかの変更をバイクに加えて、それがとても助けになったので、チームに感謝したい。シーズンはまだまだ続くので、こつこつやって行くつもりだ。」と勝利したビロポトは語った。

尚、AMAスーパークロス第5戦は2月3日(土)に三度、カリフォルニア州アナハイムのエンジェル・スタジアムに戻って行われる予定である。

450SXクラス第4戦結果

1.ライアン・ビロポト(カワサキ)
2.デビ・ミルサップス(スズキ)
3.ライアン・ダンジー(KTM)
4.トレイ・カナード(ホンダ)
5.マイク・アレッシ(スズキ)

450SXクラスシーズン累積ポイント

1.デビ・ミルサップス(スズキ)-85
2.トレイ・カナード(ホンダ)-78
3.ライアン・ビロポト(カワサキ)-77
4.ライアン・ダンジー(KTM)-68
5.チャド・リード(ホンダ)-65
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集