フィリピンLCCのセブ・パシフィック、燃費低減装置を取り付けたエアバスA320を受領

航空 企業動向

セブ・パシフィック・エア
  • セブ・パシフィック・エア
フィリピンのLCC(格安航空会社)のセブ・パシフィック・エアは、燃料を低減するシャークレットを装備した同社最初のエアバスA320を受領した。

シャークレットは、軽量な複合材による大型ウイングチップで、空力性能の向上で4%程度の燃料費をカットできるほか、航続距離を約185km延ばすことができる。

セブ・パシフィック・エアは現在、A320ファミリーを34機を運航しており、A320neoを18機、A321neoを30機を含む48機以上を発注している。

エアバスA320ファミリーは単通路型機のベストセラー機で約8900機を受注、380社以上の航空会社に5300機以上を引き渡している。

セブ・パシフィック・エアはフィリピン国内で32路線、アジア全域で21路線を運航している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集