トルコの茶畑を訪ねて (1) 飛んでイスタンブール

エマージング・マーケット ロシア・東欧

トルコの茶畑を訪ねて (1) 飛んでイスタンブール
  • トルコの茶畑を訪ねて (1) 飛んでイスタンブール
  • トルコの茶畑を訪ねて (1) 飛んでイスタンブール
  • トルコの茶畑を訪ねて (1) 飛んでイスタンブール
《トルコの茶畑を訪ねて2012》   2012年9月20日-10月2日


活動拠点をバンコックに移した。これからは西のアジアを目指そうと思っていた。どこが良いだろうかと考えていると、「トルコは世界で5番目の茶葉生産国、第3位の消費国」という言葉が耳に入った。え、そんなにお茶が取れるの?そして街中でチャイを飲んでいるの?


トルコがアジアかどうかも考えずに、バンコックからどのくらい遠いかも調べずに、行くことに決めて、航空券を予約する。トルコ航空。でも航空券がかなり高い。アジアでは考えられない金額だった。そして飛行時間10時間、何でそんなに掛かるのか。すべて私が悪かった。だが行くと決めたら、行くのだ。


しかし茶畑はどこに。それだけは事前に東京のトルコ大使館観光担当に教えてもらっていた。関係ありそうな人も紹介してもらった。だが、なかなか核心に辿りつけない。英語も通じないらしい。有力なツテが無いまま、出発4日前になった。当日バンコックで茶会を開くと、その会場のオーナーが「トルコの知り合いを紹介しよう」と言ってくれた。2日前に再度その店に行くと「そうそう紹介しなくちゃ」と言いながら、携帯からメールを打ってくれた。それが大きなご縁になろうとは。


1. イスタンブール1   9月20日(木)  飛んでイスタンブール


飛んでイスタンブールという歌があったが、まさか自分がイスタンブールに飛んでいくとは思っていなかった。トルコ航空、何とスターアライアンスメンバーであり、機体もきれい。とても良い雰囲気。


座席では映画が見られるようになっていた。飛行時間が長いので、何をしようかと思い、何となく、映画の所を開くと、何と何と、日本語が選択できるではないか。「フォレストガンプ」というアメリカ映画を選択して、見た。完璧な日本語吹き替えだった。主演のトム・ハンクスの朴訥とした演技が良かった。人生を考えた。


そして3時間が過ぎ、「ミッション・インポッシブル」なる映画を見始める。本当は機内で寝ようと思っていたのだが、トム・クルーズ主演のこの映画にも引き込まれ、ついつい見てしまった。そしてミッション・インポッシブル2を探したが、何故か英語吹き替え、そして何故か、ミッション・インポッシブル3は日本語だったので、3を見る。舞台に上海が出てきており、サッカーの中田と一時話題なった香港の女優、マギー・Qも出ていた。そして瞬く間に9時間近くが過ぎ、疲れた。


食事はかなり良い物が出て、満足。しかも飛行中、2回も出た。午前11時にバンコックを出発し、トルコ時間午後3時に到着。バンコックとの時差は5時間あり、飛行時間は10時間だった。まさに南から北西に飛んで行ったわけだ。遠い、遠い、アジアの果て、いや。

《須賀 努》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品