タイのSPCG、1月に太陽光発電所7カ所稼働

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】タイの太陽光発電事業会社SPCGは15日と16日に、タイ東北部ナコンラチャシマ県の3カ所とコンケン県の1カ所で太陽光発電所の稼働を開始した。月内にコンケン県の別の3カ所でも稼働する予定。発電所の出力は1カ所6メガワット、投資額は1カ所あたり6億―7億バーツで、太陽光発電パネルはすべて京セラ製を使用。電力はタイ地方電力公社(PEA)に販売する。

 SPCGの太陽光発電所はこれで、計16カ所、出力102メガワットになった。同社はさらに、年内に20カ所で太陽光発電所を稼働する予定。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品