アルジェリア人質事件、マレーシア人2人が帰国

エマージング・マーケット 東南アジア

アルジェリアのガス田施設で起きたイスラム武装勢力による襲撃事件でマレーシア外務省は23日、無事が確認されていた3人のマレーシア人のうち2人が帰国したと発表した。

一方、在アルジェリア・マレーシア大使館は24日、行方不明となっていたマレーシア人2人のうち、1人の死亡を確認したと発表した。

依然不明のままとなっているもう1人について、外務省は捜索のため上級外交官をマレーシア大使館に派遣することを明らかにした。無事が確認されたがまだ帰国していない1人は、行方不明の同僚を捜すためアルジェリアに残るという。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース