タイ南部でジュゴン減少 密漁などで

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】タイ南部のアンダマン海でジュゴンの密漁が問題となっている。地元の自然保護団体によると、プーケット、クラビ、トランの3県ではジュゴンの死体が2011年に12頭、2012年に15頭みつかり、今年1月にも1頭の死体がみつかった。いずれも1―20歳で、漁船のスクリューに接触したり、密猟者に殺害されたとみられている。トラン県内の海に生息するジュゴンは過去3年で30頭以上減り、100頭前後になったと推定される。

 ジュゴンは漢方薬の原料や食肉として需要がある。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品