JAL、国内線の利用率が5割台に大幅ダウン…12月輸送実績

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、2012年12月のグループ輸送実績を発表した。

国際線の旅客輸送実績は、前年同月比4.2%増の62万8190人となった。利用率は76.2%だった。

方面別旅客数は東南アジア線が同13.8%増の24万8721人、太平洋線が同9.4%増の13万9470人と好調だった。欧州線が同2.9%増の5万4626人、オセアニア線が同1.5%増の1万2552人だった。

一方で領土問題の影響で中国線は同10.1%減の8万9495人と低迷、利用率は54.4%だった。韓国線も同8.2%減の7万1193人だった。

グアム線は同12.2%減の1万2133人と落ち込んだ。

国内線は同0.6%減の230万7411人と2カ月ぶりにマイナスとなった。利用率は58.4%となり、前月比10.6ポイントダウンした。

貨物輸送実績は国際線の貨物が同2.5%増の2万1308トン、郵便が同12.9%減の3417トンだった。国内線の貨物は同6.2%減の3万8545トン、郵便が同6.7%減の2827トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集