JR東海、春期間中の臨時列車を決定…GW期間中の新幹線は3%増

鉄道 企業動向

N700系と500系
  • N700系と500系
  • JR東海、東京駅
JR東海は、春の期間中(3月1日~6月30日)に運転する臨時列車を決定した。

新幹線は、行楽などに利用してもらえうよう週末や春休み、ゴールデンウィークを中心に数多くの臨時列車を運転する。春期間、全列車の運転本数は前年同期比2%増の4万1274本を運行する。

春期間の新幹線は、1日平均338本を運転するが、週末や春休み、ゴールデンウィーク期間は前年同期比3%増の1日平均342本を運転する。

また、新型車両N700Aを追加投入するとともに、春期間中に、保有する車両の約7割に当たる87編成が、省エネ型車両であるN700系タイプとなる。N700系タイプは、700系と比較して、東京~新大阪間下りを最高速度270km/hで走行た場合、1編成当たり約19%の電力消費量を削減できる。

在来線も春休みやゴールデンウィークを中心に、行楽に便利な臨時列車を運転する。臨時特急「ワイドビューしなの」を合計24本運転、臨時特急「ワイドビューひだ」を合計35本、臨時特急「ワイドビュー南紀」を合計40本運転する。

また、式年遷宮の年にあわせて伊勢神宮に行く人に便利な臨時快速「みえ」を合計38本運転する。

チャオ御岳スノーリゾートなどのスキー場へのお出かけに便利な臨時快速「きそスキーチャオ」を3月に上下合計22本運転する。

木曽路方面への臨時列車として臨時快速「ナイスホリデー木曽路」を上下合計18本運転する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集