香港島暮らし2013(1月22日) 変わっちゃった香港大学

エマージング・マーケット 中国・東アジア

香港島暮らし2013(1月22日) 変わっちゃった香港大学
  • 香港島暮らし2013(1月22日) 変わっちゃった香港大学
  • 香港島暮らし2013(1月22日) 変わっちゃった香港大学
  • 香港島暮らし2013(1月22日) 変わっちゃった香港大学
変わっちゃった香港大学(1月22日)


今年も昨年に引き続き、香港大学にお世話になる。N先生の授業はとてもユニークで大いに参考になるので、学校嫌いの私にしては出席するのを楽しみにしている。だが香港に到着すると突然「授業の日程が木曜日から火曜日に変更になった」と告げられる。早くも波乱の予感?


もう一つ告げられたことは「新キャンパスに移っており、迷路のようで分かり難い」ということ。何と大学の図書館でN先生のアシスタントをしているTさんが迎えてくれるというのだ。正直香港大学ほどの広さのキャンパスで迷路はないだろうと思ったが、いや待て、元々のキャンパスも実は迷路のようで、前回全てを把握できなかったことを思い出し素直に出迎えを受ける。


昨年のさよならイベント → 
図書館のカードも使えたので、早々お茶関係の本を2冊借りる。果たして今年はちゃんと読み終えるだろうか、それともまた積読?Tさんの案内で新キャンパスへ。確かにキャンパスが西へグーッと伸びており、ハーバービューの道を歩く。そして同じようなビル名を潜り抜け、今回の教室、教授室、私も使わせて頂くオフィスのあるビルにたどり着く。その間、10分以上。香港大学も変わったな。


勿論新築のオフィスはきれいで、機能的な雰囲気。ただ昔のビルはそれはそれで風情があってよかったのだが、時の流れには逆らえない。今回手続きは殆どなく、共同オフィスに机を与えられ、ネットも繋がった。スムーズ。ここからの眺めは最高に良い。素晴らしい環境。しかもTさんも同室で色々と丁寧に教えてくれるので、前回のような試行錯誤は全くない。これも素晴らしい。


今回の授業は「北海道の農産物を香港で売る」支援だとか。とても面白そうな話で興味がわく。因みに昨年の授業は「NHKテレビで中国語のテキスト」にも掲載したが、香港人の日本観光誘致支援。


こんなイベントで発表会 → 


お昼は新しく出来たベジレストランへ。おかずは量り売り。確か台湾でも見たスタイル。エコ使用のレストランで面白い。


 
その後、Facebookを見ていると、突然M先生の投稿が目に留まる。Mさん、今香港ですか?と呼び掛けると、何と香港大学内におり、久しぶりにお茶をした。これも学内のスターバックス。図書館横の以前からあるスタバも改装されて綺麗になっており、何と新キャンパスにももう一つスタバが出来ている。凄い人気だ。座る席すらない。その他、アメリカで学んだ日本史を英語で授業する日本人Nさんとも遭遇。何とも楽しげなスタートを切る。

《須賀 努》

編集部おすすめのニュース