東武東上線でダイヤ改正、埼玉県西部から東京副都心を抜けて横浜まで1本で接続

鉄道 企業動向

東武鉄道は、3月16日から東武東上線でダイヤ改正を実施すると発表した。

既に、東上線は東京メトロ有楽町線・副都心線と相互直通運転によって銀座・有楽町、新宿・渋谷方面と結ばれている。今回のダイヤ改正では、東急東横線、横浜高速みなとみらい線との相互直通運転の開始によって埼玉県西部から東京副都心を抜けて横浜方面まで、広域的な鉄道ネットワークが形成される。

日中時間帯の川越市~元町・中華街の直通運転は毎時2本とし、川越市~新木場間のメトロ有楽町線直通列車の毎時2本と合わせて地下鉄直通列車は毎時4本運転する。

これによって東上線から自由が丘、横浜、元町・中華街などへのアクセスが大幅に向上するとともに、横浜方面から小江戸川越などの東上線沿線の観光スポットへのアクセスも向上する。

また、日中時間帯を中心に、池袋~小川町間に「快速」列車の毎時2本新設する。停車駅は従来の快速急行の停車駅に加え、成増、朝霞台、ふじみ野、若葉に停車する。

平日のTJライナーを1本増発し平日は合計10本で運転する。行き先を全て小川町行きとする。土休日は2本増発して計6本を運行する。

平日の午前中に2本、土休日の午前中に3本、池袋駅までの上り快速急行列車を増発して、乗客の利便性向上を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集