カレコ、カーシェア業界初の3時間パックを導入

自動車 ビジネス 企業動向

三井物産100%出資のカーシェアリング・ジャパン(以下CSJ)はカーシェアリング・サービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」で、業界初の「3時間パック」を2月1日から導入する。

2月1日から導入する「3時間パック」は、主要カーシェア会社では初めての導入するシステム。「カレコ・カーシェアリングクラブ」の主力料金プランである「バリュープラン」の場合、3時間2000円(別途、距離料金が必要)となり、カーシェア業界でも最安クラスの料金で会員は利用できる。しかも、電気自動車を除き、全車種一律料金なので、ハイブリッドカーの「プリウス」「プリウスPHV」、ミニバン「ヴォクシー」「フリード」、スポーツカータイプの「86」「CR-Z」等も同じ3時間2000円で利用できる。

3時間パックの導入に伴い、一部の料金プランでは6時間パックの値下げもCSJでは実施する。「バリュープラン」の場合、従来の5900円から、4000円に値下げ、値下げの比率は、約22%となる(プリウス)。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集