電動アシスト自転車の販売台数24%増、半数以上が8Ah以上の大容量バッテリー搭載…2012年

自動車 ビジネス 国内マーケット

ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンは、全国のGMS、ホームセンター、家電量販店での電動アシスト自転車の販売動向を発表した。

それによると2012年の電動アシスト自転車の販売台数は前年比24%増となった。主要メーカーのモデルが好調だったのに加え、店頭売価5万円前後の新規参入メーカーの存在もあり、市場は特に年後半に活況だった。

電動アシスト自転車は、自転車の中では高額な部類に属するが、東日本大震災を契機に移動手段としての需要が高まり、母親が小さな子供を乗せて移動する手段としても注目されている。低価格帯商品の登場で高校生など遠距離通学の需要も拡大している模様だ。

2012年は、バッテリーの大容量化が進んだ。特に8Ah以上のバッテリーを搭載した商品の数量構成比は、2011年の32%から2012年は53%へ上昇した。

従来、バッテリー容量8Ahが各社の最高スペックだったが、2011年以降、12Ahなど更にバッテリー容量の大きい製品を本格展開するメーカーが現れた。これに伴って8Ahクラス商品の店頭売価に相対的な割安感が生じたのに加えて8Ahの商品群の競争が激しくなり、下位スペックである4Ah未満の商品群との価格差が縮まった。こうしたことから8Ah以上の商品群は消費者の支持を集め、販売数は前年の約2倍となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集