SBエナジー、徳島でメガソーラー発電所を運転開始

自動車 ビジネス 企業動向

SBエナジーは、「ソフトバンク徳島小松島ソーラーパーク」の営業運転を1月26日より開始する。

同施設は、発電所建設の設計・調達・建設を担うシャープと四電工の協力のもと、徳島県と連携して2012年9月に施工を開始。出力規模は約2800kW(2.8MW)、年間発電電力量は一般家庭約884世帯分の年間使用電力量に相当する約327万kWhを見込むメガソーラー発電所となる。

さらに、徳島県内ではどう規模の「ソフトバンク徳島臨空ソーラーパーク」の建設を進めており、2月中旬の運転開始を目指す。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集