ヨーロッパ宇宙機関、NASA「オリオン」の開発に協力

宇宙 企業動向

米航空宇宙局(NASA)とヨーロッパ宇宙機関(ESA)は、NASAが開発している次世代有人宇宙船「オリオン」に、ESAの推進・動力システム「サービスモジュール」を供給することで合意したと発表した

ESAは、オリオンの推進・動力システム向けに、宇宙ステーション補給機ATV(オートメイテッド・トランスファー・ビークル)の技術を供給する。ATVは国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送などに使われた。

NASAはESAのサービスモジュールの供給を受けることで開発コストを削減する。

オリオンは2014年に試験フライトを実施した後、2017年にESAのサービスモジュールを取り付けて無人打ち上げを行う予定。その後、有人打ち上げを行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集