ボーイングのマックナーニ会長「1日も早く全ての答えを見つけ出す」

航空 企業動向

ボーイングのジェームス・マックナーニ会長・社長兼CEOは、米連邦航空局(FAA)が発行した787型機運航停止命令に対し「FAAに全面的に協力し、1日でも早く全ての答えを見つけ出すことに全力で取り組む」とのステートメントを発表した。

FAAは、緊急命令を1月16日(米国時間)に発行、787型機を運航する米国航空会社に対して787型機の運航を一時停止することを命じ、他国関係官庁にもそれに準じることを提言した。

マックナーニ会長は「ボーイング製航空機の利用者、乗務員の安全は、ボーイングの最優先事項である」と表明、問題解決に全力で取り組むことを表明した。

ボーイングでは現在、航空会社、関係当局、調査当局とともに原因究明に取り組んでいる。

また、マックナーニ会長は「787型機は安全な航空機であると確信している」とした上で、航空会社、乗客に787型機の安全性を理解してもらい「早期の運航再開に向けて必要なことをひとつずつ進める」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集