三井造船、シンガポールで石油化学プラントの建設を受注

船舶 企業動向

三井造船は、プライムポリマーと三井物産がシンガポールで計画している年産30万トンのメタロセン系ポリマー「エボリュー」合弁プラントの建設工事を受注した。

エボリューは、高強度・密封性・低臭気・低フィッシュアイ・ヒートシール性に優れ、液物包装やパウダー包装などに求められる高機能シーラント用材料として、アジア市場で急速な需要拡大が見込まれている。

これまでのポリマー製造プラントの建設実績とシンガポールでの建設工事実績が高く評価され、今回競争入札を経て受注した。

東南アジア地区では経済発展に伴って石化投資が活発化しており、三井造船は今後ともシンガポールを初めとするアジア地域での受注活動を積極的に展開していく方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集