建設関係の紛争解決、専門の建設法廷を設立へ

エマージング・マーケット 東南アジア

【プトラジャヤ】 クアラルンプール(KL)とセランゴール州シャアラムにおいて、建設関係の紛争解決を目的とした建設法廷の設立が予定されている。
アリフィン・ザカリア・マラヤ首席裁判官が明らかにした。

建設関連の法廷闘争は専門用語が使用されたり、関係者の数が多く、金銭的な問題でも複雑であるため専門の法廷の設立で判決までの時間が短縮されることになり、業界にとり有益であるという。

建設関連の法廷闘争はプロジェクトの件数増に沿って増えることが見込まれている。

係争当事者の間の紛争解決に向け、仲裁部門の設立も検討されている。連邦裁判所は、昨年10月16日以降、判決の概要を発表し、市民が判決内容をよりよく理解できるよう取り組みを行っている。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース