【デトロイトモーターショー12】シボレー コルベット スティングレイ…伝説の名が復活[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
シボレー『コルベット』が第7世代となり、その名も新たに『コルベット・スティングレイ』として生まれ変わった。

スティングレイの名は、1963年に登場した第2世代コルベットの愛称として知られている。新型の名は、かつてのスティングレイの革新性、デザイン、パフォーマンスに敬意を送ると同時に、それらを超えるものであるという意味が込められた。フロントフェンダーにはスティングレイ(エイ)のエンブレムが奢られる。

新開発の6.2リットル直噴V8エンジンは、最大出力450hp、最大トルク610Nm、0-96km加速は4秒と歴代最速クラスの性能を手に入れた。さらに、気筒休止システムを取り入れ、燃費性能も過去最高をマークする。トランスミッションは同社初の7速MTと、従来と同様の6速ATを設定。

アルミニウムとマグネシウムにより構成される軽量シャシーに、同じくアルミニウムのボディフレーム、更にカーボンファイバーを多用したボディパネルを組み合わせ、運動性能を向上。前後重量配分は50:50と理想的なものとした。

ボディサイズは全長4495mm、全幅1877mm、全高1235mm、ホイールベースは2710mm。先代と比べ、全長が30mm、ホイールベースが25mm延長されたが、全幅は58mm、全高は15mmそれぞれ短縮され、より全体的に凝縮されたフォルムとなっている。

また、サーキット走行に向け「Z51」パフォーマンスパッケージを設定。電子制御LSD、ドライサンプシステムなど本格的な装備を満載する他、オリジナルのエアロパーツを採用し高速安定性も追求したモデルとなる。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集