【デトロイトモーターショー13】シボレー コルベット 新型発表…“スティングレイ”の名が復活

自動車 ニューモデル モーターショー

シボレーコルベットの新型に「スティングレイ」の名が復活した。
  • シボレーコルベットの新型に「スティングレイ」の名が復活した。
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
アメリカン・マッスルカーの象徴、シボレー『コルベット』に「スティングレイ」の名が復活した。

ゼネラルモーターズ(GM)は、14日に開幕するデトロイトモーターショー13に先駆け13日夜、7世代目となる新型シボレー『コルベット』を発表。車名には、かつての名車の愛称でもある「スティングレイ」の名が冠され、「コルベット・スティングレイ」として生まれ変わった。

新型コルベット・スティングレイは、新開発の6.2リットルV8エンジン「LT1」を搭載。これに同社初となる7速マニュアルシフトを組み合わせる。最大出力は450hp、最大トルクは610Nm。0-96km加速は4秒だ。

さらに同エンジンはコルベットとして初めて気筒休止システム「アクティブフューエルマネジメント」を採用した。低負荷走行時に8気筒のうちの4気筒を休止することで、燃料消費を抑えるもの。米国EPA予想高速燃費は26mpg(約11.05km/リットル)と、歴代コルベット最高の燃費となる。

ボディ、内装にはアルミニウム、カーボンを多用、また新開発のシートにはマグネシウムを用いるなど徹底した軽量化を実施。スポーツカーには理想的な前後50:50の重量配分を実現している。

新型コルベット・スティングレイは2013年第3四半期に販売を開始する。日本への導入時期は未定。なお、日本仕様には「スティングレイ」の名は付かず、「コルベット」として販売される。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集