懐かしのミャンマーを行く(34) ヤンゴン最新ショッピングモールの衝撃

エマージング・マーケット 東南アジア

6月28日(木)  (4)ショッピングセンタ―の衝撃


今日はミャンマー滞在最終日。心残りは多いが、また来ればいい。最後に最新ショッピングモールに連れて行ってもらう。今年初めにオープンしたというこのモール、シネマコンプレックスも併設し、ここはヤンゴンか、と思うほど、新しい。


 
お客さん、特に若者はスマホやIPadを手に持ち、Wifiはフリー。まるでバンコックなどの他の東南アジアのモールではないか。勿論若い女性でロンジーを穿いている子はいない。どころか、ミニスカート、ショートパンツが多い。お金持ち風のオジサンだけがロンジーを穿いており、このコントラストが面白い。


 
化粧品コーナーは日本製も多いが、宣伝は韓国製が優っている。上の階にはダイソーの100金ショップもあり、ミャンマー人が好きそうな雑貨が売られている。この店はミャンマー人がミャンマーで売れそうな物だけをコンテナごと、ダイソーから買い取ったとも言われた。渋谷系の最新ファッションを売る店も出ていた。値段は相当に高いようだが、お金持ちのお嬢さんが買いに来るらしい。




 
更に上には食堂街もある。タイやシンガポールのレストランに混ざり、日本のラーメンショップも出ていた。Bred Talkのようなシンガポール系のパン屋もあり、結構高いと思うのだが、売れていた。一度美味しい物を食べてしまった人は後戻りできないということか。


 
銀行のATMも店内に設置され、普通にお金が引き出せるようだ。7年前には全く考えられないこの光景、ここだけを見れば、ミャンマーの将来は明るい、とも言える。

懐かしのミャンマーを行く (34) ミャンマー ヤンゴン 最新ショッピングモールの衝撃

《須賀 努》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集