ヤマハ、YZF-R1の2013年モデルを発表…新グラフィックを採用

モーターサイクル 新型車

ヤマハ発動機は1月11日、MotoGPクラスに参戦しているマシン「YZR-M1」の設計思想を反映した「YZF-R1」に、新グラフィックを採用した2013年モデルを1月30日から発売すると発表した。

レーシングイメージを強調した「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー系)のフロントカウル部に新グラフィックを採用した。「R1」ロゴを、ベースカラーの上に配し、その下のブラック部分に「YAMAHA」ロゴをあしらった。

フロントフェンダーはホワイト、ホイールはホワイトのピンストライプ入りのブラックでコーディネイトし、世界共通の「YAMAHA RACING BLUE」イメージにした。アンダーカウルには、レースシーンをイメージさせるロゴを採用する。

「ブルーイッシュホワイトカクテル1」(ホワイト系)は継続設定する。

国内で年間100台の販売を計画している。価格は141万7500円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集