Facebookに交際斡旋ページ、問われる倫理 マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

ジョホールバルで最近、フェイスブックで「新山援交妹」なる援助交際のページが登場、会員数が2,500人に上っていると自称しているという。

通報を受けて昨年12月に一度閉鎖されたが、すぐに再開し12月26日で更新がストップしているという。

40人あまりの援助交際希望の女性が紹介されており、中には15歳の少女も含まれているという。紹介ページでは女性の顔写真と共に、希望援助額、条件、電話番号などの情報が明かされている。ある16歳の少女は、希望援助額を80—100リンギとしている。

このフェイスブック・ページを見たネチズンからは、「すごく奇麗だ」「美女だ!」「僕も欲しい」などの感想が書き込まれていたという。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース