キュリオシティが見た蛇のように曲がりくねった火星の川

宇宙 科学

スネーク・リバー
  • スネーク・リバー
  • キュリオシティ
  • キュリオシティ
  • キュリオシティ
NASAのマーズ・ローバー、キュリオシティによって記録されたこの寄せ集められたイメージの中央下部にある曲がりくねった岩の特徴は「スネーク・リバー」と呼ばれる。

この写真集成図は、火星におけるローバーのミッションの133日目(火星日)もしくは、Sol 133(地球日時:2012年12月20日)に、キュリオシティのナビゲーションカメラによって撮影された。

Sol 147(2013年1月3日)、キュリオシティは他の岩へ移動する前に、スネークリバーのより近い眺めを得るために、約10フィート(3メートル)をドライブした。

パサデナのカリフォルニア・インスティテュート・オブ・テクノロジーのディビジョンである、JPL(ジェット推進研究所)が、ワシントンのNASAの科学任務管理局に代わって、火星科学研究所プロジェクトを管理している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集