ピーチ年末年始の輸送実績、国内線・国際線ともに利用率は8割以上

航空 企業動向

ピーチ・アビエーションは、年末年始の利用実績を発表した。

12月21日から1月6日までの国内線の総旅客数は7万6340人だった。提供座席数は9万1440席で、利用率は83.5%だった。

ピークは大阪(関西)発が12月29日~31日、大阪着が1月2日~6日で多くの便でほぼ満席となった。

国際線は旅客数が2万9978人だった。提供座席数は3万6720席で、利用率は81.6%となった。

ピークは大阪発が12月27日~1月3日、大阪着が1月4日~6日だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集