ベルジャヤエア、1月23日にスバン・ペナン線就航

エマージング・マーケット 東南アジア

ベルジャヤ・エアは、1月23日よりスバン(旧クアラルンプール国際空港)—ペナン線の運行を開始する。

機材はターボプロップのATR72-500型機(72席)を使用。毎日4便の運航で、スケジュールはスバン発が07時00分、08時00分、17時40分、19時10分、ペナン発が08時30分、09時40分、19時10分、20時40分となっている。

ベルジャヤ・エアは、スバンからはレダン、ティオマン、パンコール、ランカウイに乗り入れており、昨年11月18日には国際線であるホアヒン(タイ)線の運航を開始した。同航空はまた、シンガポールからティオマン、レダンを結ぶ路線も運航している。
伊藤 祐介