ニューハンプシャーの空港が破格の12ドル国内線フライトを提供

船舶 企業動向

ケープ航空
  • ケープ航空
  • ニューハンプシャー空港
ホリデー旅行シーズンに滑り込みで間に合わせるように、ケープ航空とニューハンプシャー州の地域空港がボストンとニューヨークへの12ドルのフライトを売り込んでいる。

アメリカのABC放送は、1万人の乗客を2012年内に空港から飛び立たせることで授与される連邦の補助金を獲得する資格を得る為、空港とその唯一の航空会社ケープ航空は、片道12ドルの休暇旅行の瀬戸際セールを提供していると報じた。

このプロモーションはクリスマス・イブに紹介され、ニューハンプシャー州のレバノン空港から1万人の乗客が飛び立ったという数字を達成すると、FAAは地域の空港の資金計画を救済するために100万ドルの補助金が提供する。ケープ航空は1万人の乗客レベルを、おそらく次の日には達成できると見込んでいる。

この経済的にフレンドリーなオファー以前は、レバノン空港からボストンのローガン空港までの往復フライトの料金は平均130ドルで、ニューヨーク州のホワイトプレインズにあるウェストチェスター郡空港への片道フライトは160ドルだった。

12ドルという料金は、それぞれのフライトの手数料と税金を反映している。ホワイトプレインズに着陸するに際し、乗客はマンハッタンの中心地区である35番ストリートと8番街まで、無料の陸上輸送を提供される。そしてニューハンプシャー空港での無料駐車も利用可能である。

しかしこの取引は長続きしない。ケープ航空のオファーは、年末までのみ利用可能である。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース