FCCが新ルールの採用、飛行中のインターネットアクセスをスピードアップ

船舶 行政

FCC webサイト
  • FCC webサイト
アメリカ連邦コミュニケーション委員会(FCC)が、報告と指令(Report and Order)を確立するルールを取り入れることで、航空機インターネットサービスのスピードアップを図る。

委員会の対応は、偏在するブロードバンドの影響によって、増加する消費者の要求に応え、経済成長と雇用機会の増加を支援する。委員会は2001年から多くの会社に、ad hoc basis(暫定的・一時的な通信手段)でESAA(アース・ステーションズ・アボード・エアクラフト)の運用を許可していた。

例としては航空機上の地上局がFSS(固定衛星業務)とGSO(地球静止軌道)、宇宙ステーションとコミュニケートするといったものである。航空機の外側に設置された衛星アンテナは、飛行機に出入りするシグナルをキャッチし、送受信と飛行中のブロードバンドサービスを乗客とクルー達に供給する。

管理上の負荷を申請側と認可側の両方において軽減することにより、新しいルールではESAAアプリケーションの処理を50%迅速に行うことを実現するという。アメリカ合衆国のモバイル遠距離通信マーケットの重要な活動分野における競争を増進させ、飛行機の乗客のための広範囲に渡るインターネットアクセスの利用を促進する。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース