JR東海、不発弾処理が東海道新幹線と東海道線のダイヤに影響 2013年2月17日

鉄道 企業動向

JR東海、東京駅
  • JR東海、東京駅
JR東海は、浜松工場の敷地内から発見された不発弾を移送するのに伴って、列車運行の一部に影響が及ぶと発表した。

発見された不発弾は陸上自衛隊が防護措置を実施、爆発の危険は無いものの、不発弾を2013年2月17日に陸上自衛隊が遠州灘海岸へ移送して、処理することになった。

この不発弾の移送に伴って一部の列車運行に影響が出る。具体的には、不発弾の移送作業が2013年2月17日午前8時30分から開始されるのに伴って、移送作業を行う間の1時間程度、浜松市が設定する避難区域に列車が入れなくなる。このため、東海道新幹線と東海道本線について、一部区間で運転を見合わせる。

東海道新幹線は、避難区域が設定されている間、浜松駅~豊橋駅間の運転を見合わせる。これに伴って、同区間を通過する列車に遅延が発生する。運休はしない。

作業が予定通り進んだ場合、12時30分頃に所定ダイヤに回復する見込み。

東海道本線は、避難区域が設定されている間、下り列車は浜松駅まで、上り列車は舞阪駅まで運転し、浜松駅~舞阪駅間は区間運休とする。予定通り作業が進んだ場合、終了後は通常のダイヤで運転する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集